仏事の用語集

GLOSSARY

空海 (くうかい)

空海(774~835)謚号は弘法大師、真言宗の開祖です。

讃岐国多度の生まれで、幼名は佐伯真魚(さえきのまお)といいます。

最澄とともに入唐、恵果から灌頂を授けられ、インド伝来の真言密教を持ち帰ります。

高野山に金剛峯寺を創建、東寺を密教の根本道場とするなど、能書家としても知られ、文化史上にも 大きな足跡を残した僧侶です。