仏事の用語集

GLOSSARY

祭祀の主宰者 (さいしのしゅさいしゃ)

祭祀主宰者は祭祀を主宰する者のことです。

葬儀を主として執り行う人のことで喪主をつとめます。

多くの葬儀の場合、配偶者や子息などが喪主を務める場合が多いです。

慣習にしたがって、祭祀主宰者は祭祀財産(仏壇や墓)を祭祀を継承します。

この場合の祭祀財産は相続財産には含まない考え方を取ります。

そのため、墓や仏壇を引き継いで先祖の供養をする人は、祭祀継承者となります。

祭祀主宰者を巡って争いが起こりそうな場合は、生前行為や遺言といった手段で、祭祀主宰者を指定しておくことがよろしいでしょう。

祭祀主宰者と祭祀継承者は、同じである必要はありません。

祭祀主宰者は、親戚の別の誰かが管理しても構いませんし、場合によっては他人でも可能です。