仏事の用語集

GLOSSARY

社葬 (しゃそう)

主に企業が主催して行う葬儀のことをいいます。

故人が所属していた会社に、特に功績があった場合、業務上の事故で死んだ場合等に行われます。

社葬の意義としては、故人への追悼と功績をたたえるものになります。

社内外に感謝の姿勢を表わすものであり、会社を挙げて執り行う社会的行事で、経営活動一環であるということです。

社葬とすることを取締役会を開いて議決し議事録に残します。

この場合、社葬に要した費用は経費として認められる。

企業が受け取った香典は、雑収入に計上します。

社葬が行われた場合、近親者のみで別途葬儀を営むことも多いですが、社葬と親族の葬儀を兼ねて行われる合同葬スタイルの葬儀もあります。

企業に貢献した方を企業としてお弔いするためのお墓として、会社墓(社墓)というお墓もあります。