お墓の用語集

GLOSSARY

矢割り (やわり)

矢を用いて石を割る作業で、一般に山出しを大割り、順次仕様寸法に割り出すのを小割りといいます。

セリ矢、豆矢、中矢、飛矢等の石割の道具を使います。