仏事の用語集

GLOSSARY

真言宗 (しんごんしゅう)

真言宗は平安時代初頭において、空海(弘法大師)によって、9世紀に開かれた日本の仏教宗派です。

『真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)』『曼荼羅宗(まんだらしゅう)』『秘密宗(ひみつしゅう)』とも呼ばれる。

空海が、唐(中国)の長安に渡り、青龍寺で密教僧である恵果から学んだ密教を基盤としている。

中心とする本尊は、宇宙の本体であり絶対の真理である大日如来です。

経典は『大日経』『金剛頂経』である。

空海の真言密教は東寺を基盤としているため『東密』とも称される。