仏事の用語集

GLOSSARY

真宗大谷派 (しんしゅうおおたには)

東本願寺は、真宗大谷派の本山で「真宗本廟」といいます。

御影堂には宗祖・親鸞聖人の御真影を、阿弥陀堂にはご本尊の阿弥陀如来が安置されています。

別院、教会を含む所属寺院数は、約8,900寺でお東・大谷派・大派・谷派と呼ばれます。

家康の宗教政策によって、当時、本願寺内で分裂状態が起きていたことを利用して教如を門主とし、本願寺を分立したのが真宗大谷派の始まりです。

教義上の違いは、西も東もありません。