仏事の用語集

GLOSSARY

看取り・看取士 (みとり・みとりし)

死に行く人の臨終の場に立ち会い、看取ることが仕事で、介護をしながら、寄り添って話を聞くなど、その人が穏やかに旅立つことができるようにケアをします。

介護を合わせて看取り介護などともいわれます。