お墓の用語集

GLOSSARY

相続税 (そうぞくぜい)

人の死亡に基因する財産の移転(相続)に課される税金をのことです。

相続税の課税率は相続の金額で変わりますが、2015年(平成27年)1月以後、6億円超で最高税率が55%に引き上げられたほか、基礎控除額も40%縮減して「3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数」となりました。(配偶者控除は1億6000万円です)

相続税の税収は、施行後大変増えています。

墓地、墓石、仏壇、仏具、神具等の祖先の祭祀を行うための財産を祭祀財産と言いますが、祭祀財産は相続税には含まれません。