仏事の用語集

GLOSSARY

直会 (なおらい)

神社に於ける神事の最後に、神事に参加したもの一同で神酒を戴き神饌を食する行事の一つです。

神霊が召し上がったものを頂くことで、神霊との結びつきを強くし、神霊の加護を期待する行事です。

また、下げられた供物も直会とよび、神社から餅などをいただくことを、直らうともいいます。

また、忌みの状態から、平常の生活に戻るための儀式で、そのしるしの飲食のことです。