お墓の用語集

GLOSSARY

目荒し (めあらし)

石の表面を細かいザラザラ状態にすることで、石と石の接着を強くするための工程。

目荒しの多くはコンクリート面についていわれ、モルタルなどとの馴染みを良くするため、表面を細かく傷つけることです。コーキングでの接着では、行いません。

インパラブルーの結晶が大きくて多い原石を探しに出かけました。

» 続きを読む