仏事の用語集

GLOSSARY

白骨 (はっこつ)

白骨の御文とは、浄土真宗の中興の祖とされる八代蓮如の法語で、蓮如の書いた消息を、圓如が編集したものといわれています。

「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり」という有名な一文があり、人間の無常を語り、念仏をすすめています。

「後生の一大事」を知り、その解決をすることが説かれ、人は死んでしまうとどうなるかわからない不安があり、それを解決するためには、阿弥陀仏に帰依し、称名念仏を行うしかないとされています。

白骨の御文は、浄土真宗の葬儀、通夜、枕行などでよく拝読されるために、浄土真宗の葬儀では一般的な名称となっている。