仏事の用語集

GLOSSARY

熨斗 (のし)

一般的には慶事における進物や贈答品に添える飾りです。

一般的なギフト包装では水引と熨斗の入ったのし紙をかけます。

水引とは贈り物の包み紙を結ぶ紙紐のことですが、本数は奇数で作られており、目的に応じて結び方も異なります。

のし紙をかける際、十分に注意して適した結び方のものを選びましょう。

また、生鮮品や仏前へのお供え物には、熨斗なしのかけ紙にします。

内のしは、直接品物にのし紙をかけてから包装するので、表書き(贈答品の目的)が見えません。

主に内祝いに用いられます。

外のしは、包装紙の外側にのし紙をかけるものですから、表書きが先様にはっきりと見えます。

先様にどんな目的で贈ったかが伝わる様に、結婚・出産祝いなどに用います。