お墓の用語集

GLOSSARY

灯籠 (とうろう)

灯籠とは日本古来の戸外照明用具で灯りをともすために使うものです。

灯りのかごという意味で神仏に対する献灯のためにつくられています。

消えないようにするために、木枠などで囲った形をしています。

一般には、神社仏閣にある石灯籠や、仏具としての置燈籠や釣灯籠のことです。

灯籠は、上からつりさげるタイプと、台に立てて置くタイプの2種類に分けられます。

墓地での灯籠は、仏式では丸いもの、神式では角型のものを使うことが多いです。