お墓の用語集

GLOSSARY

灯明 (とうみょう)

神仏に供える灯火をいう。

仏教においては、闇 (迷妄) を明るくすることから智慧の光とされ、重要な供養のひとつとされる。

今日、灯明を供えるために用いられる仏具は、「燭台」や「灯籠(灯篭)」、「輪灯」などが使われています。

なお、灯明をともすための燭台は、仏教における基本仏具の三具足・五具足です。

浄土真宗では、燭台の他に「輪灯」と呼ばれる真鍮製の灯火具が用いられます。