仏事の用語集

GLOSSARY

灯明供養 (とうみょうくよう)

神仏や故人の供養のために火を供えることです。

多くは、ろうそくなどが使用しますが、みあかしともいわれます。

お墓に灯籠を建てたり、仏壇に火を供えることも灯明供養の一つです。

灯明を消す場合は、浄火ですから息を吹きかけずに、手や小さな扇で消すようにします。

また近年一般の家庭では、ほとんど豆電球で代用している例が多いようです。

お墓に設置する灯篭には、墓前灯籠や雪見灯籠などがあります。