仏事の用語集

GLOSSARY

清めの塩 (きよめのしお)

清めの塩とは、もともとは神道の考え方からきたもので、死を穢れたものとして祓い清めるという考え方からきたものです。

葬儀などから戻った際に、玄関に入る前に身体に塩を振りかける行為です。

しかし死を穢れとは考えない他の宗教では不要とされるものでもあり、仏式の葬儀で清め塩を使わないとする宗派(浄土真宗など)もあります。

亡くなった祖先を手厚く供養したい仏教の考えと、死を穢れとして浄化する清めの塩の考え方は相反するものとして、これを廃止する傾向もあるといわれます。

最近では、仏教の葬儀に出席して清めの塩を手渡されることも減ってきています。

大相撲の立ち合いの時には、力士が土俵に塩をまくのも清めの塩です。

邪気をはらい土俵を清める意味があります。