お墓の用語集

GLOSSARY

水盛り (みずもり)

基準となる水平(陸)を出すことで、水を見るとか、水を出すなどといいます。

江戸時代では、角材の一面に掘った長い溝の中に水を注いで水平基準面を定めたが、この水準器を水盛り台とよび、水準測量を一般に水盛りといいました。

現在では、気泡管式あるいは自動式の水準儀(レベルlevel)が使用されます。