仏事の用語集

GLOSSARY

水引 (みずひき)

和紙をよって長いこより状にし、水糊を引いて乾燥させて、固めた祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで、贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白などの帯紐です。

祝事の金封や進物品用には陽の数の奇数本で,紅白,金銀,金赤に色分けしたものを用います。

凶事には陰の数の偶数本で,白黒,藍白に色分けしたものや白いものを用います。

蝶結びのように結び直しができるものは、何度でも起こると良い出産や長寿などのお祝い事に用います。

端を引いてもほどけない結び切りと言われる結び方は、一度きりを願う結婚、病気見舞い、葬儀などの際に使います。