Warning: Use of undefined constant 仏事の用語集 - assumed '仏事の用語集' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kashiko/kashiko-ohaka.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/kashiko/functions.php on line 554

仏事の用語集

GLOSSARY

檀家制度 (だんかせいど)

鎌倉時代から使われ出した言葉で、檀家が、葬祭供養一切をその寺院に任せる代わりに、布施として経済支援を行う制度です。

寺院は檀那寺と呼ばれ、所属する家を檀家といいます。

江戸時代、キリスト教を取り締まるために幕府が寺院に命じて、宗旨人別帳の作成を法令化しました。

これにより檀家制度が法的に制度化され、世襲的に寺院の維持を行なう制度が確立しました。

そのためにどこかのお寺の檀家にならなければなりませんでした。

お寺が戸籍を管理したり役所のような役割を果たしていましたが、これを寺請け制度といいます。

現在でも、お寺の行事に参加したり、お布施を渡したり、檀那寺に葬儀を依頼していたり、と文化が続いています。