お墓の用語集

GLOSSARY

樹木葬 (じゅもくそう)

墓地として認可されている場所で行われますが、一般的な「墓石を用いて納骨堂に埋葬する」やり方ではなく、墓石の代わりに樹木を植えるお墓のことをいいます。

1999年に岩手県一関市の臨済宗大慈山祥雲寺で墓地として栗駒山山麓につくられたのが日本では初めてです。

現在はとりおこなっている墓地も増えました。

「自然に還る」という考え方で、好きな樹木の下で眠りたいと考える人も増えています。

樹木葬は墓地と認可されているところでしか行なえませんので、散骨とは異なります。

遺骨を細かく砕く必要もありません。

平成24年都立霊園公募で、都立小平霊園にはじめて採用された樹林墓地(じゅりんぼち)も大変好評で、大変な高倍率となりました。