仏事の用語集

GLOSSARY

棚経 (たなぎょう)

盂蘭盆会に檀家の請いによって僧侶が、僧侶が一軒一軒檀家を回り、仏壇,精霊棚の前で読経し,祖先の霊を祀ることをいいます。

棚行とも書きます。

盆棚は、供物を飾る棚で、庭先や座敷に飾られましたが、最近では仏壇の前に設けることが多くなりました。

棚経の際には、経木という薄い板状のものに、先祖の戒名を書き、お経の時に僧侶に読み上げてもらいます。