お墓の用語集

GLOSSARY

梵字 (ぼんじ)

古代インドで発祥した文字で、古代サンスクリット語の基礎にもなっている文字です。

様々な変遷を経て、仏教の文字観と結びつき、平安時代、特に空海、最澄が伝来させた仏教(密教)と密接な結びつきがあり、悉曇文字として日本に伝わりました。

梵字(種字)一文字で神仏を表していて、お守りとして身に着けると様々な功徳を与え、災難から救ってくださるパワーを持っているといわれています。