仏事の用語集

GLOSSARY

枕勤め・枕経 (まくらづとめ・まくらきょう)

枕飾りをした後、 遺体を納棺する前には、故人の枕元で僧侶にお経をあげてもらいます。

最近では少なくなっているものの、これを「枕経」といいます。

亡くなって一番初めの仏事で、僧侶が枕勤めをしている間は、遺族、近親者は後ろに座り、故人の冥福を祈ります。