仏事の用語集

GLOSSARY

朽木幕 (くちきまく)

神式の葬儀、神葬祭で使う幕のことです。

朽木とは、木が腐食して、木目が残り浮き上がった状態を図案にした模様です。

この図案が入った幕のことを、朽木幕と言っています。

白地に紫文様の幕で、平安時代には、壁代とか、几帳とよばれ、大部屋を区切るための幕として使われました。

広い室内を隔てるために使った、間仕切り用の幕です。

現在でも神社では、壁代を部屋の周りに用いています。