仏事の用語集

GLOSSARY

本山中心説 (ほんざんちゅうしんせつ)

仏壇を設置する際によい方角であるとされる説の一つで、仏壇の前に坐ったとき、その延長線がまっすぐ宗派の本山に向かうように安置すれば、本山に向かってお参りするというものです。

他に西方浄土説(さいほうじょうどせつ)が、仏壇の正面を東に向けて安置すれば、西方浄土に向かって合掌できるというものです。

南面北坐説(なんめんほくざせつ)が、仏壇の正面は、南向きにせよという説で、南むきは風通しがよく湿気も防げるので、最適な場所だというものです。

お墓も南抜きや東向きが好まれます。