お墓の用語集

GLOSSARY

本位牌 (ほんいはい)

葬儀の時には、白木位牌(仮位牌)で作ったお位牌ですが、四十九日までには、塗位牌・唐木位牌(本位牌)を準備して、白木のご位牌を菩提寺にお返しします。

忌明け後の四十九日以降は漆塗りの位牌(本位牌)を自宅の仏壇に安置し、お香や生花・ろうそく・飲食等を供えて故人の供養をします。

位牌をお坊さんが準備してくれるものでは無く、ご自身で用意をしなければならないものです。

菩提寺のご住職か、仏壇店にお願いしてつくってもらいましょう。

浄土真宗では、一部の宗派を除いて本位牌を使用せず、過去帳を用います。

過去帳は、故人の法名・俗名・命日・行年などを記載して、代々で記録を残していくものです。