仏事の用語集

GLOSSARY

月命日 (つきめいにち)

命日(めいにち)とは、ある人が死亡した日で、忌日(きにち)ともいいますが、死亡した月を指す祥月と組み合わせて、一周忌以後の当月の命日を祥月命日(しょうつきめいにち)といって年に一回です。

月ごとの命日を月命日(つきめいにち)といい年に十一回あります。