仏事の用語集

GLOSSARY

抹香 (まっこう)

粉末状の香で、かつては、安息香(あんそくこう)、甘松香(かんしょうこう)、沈香(じんこう)やセンダン(栴檀)などが用いられたが、現在は主にシキミ(樒)の樹皮と葉を乾燥して、粉末にしたものが焼香に用いられる。