お墓の用語集

GLOSSARY

戒名 (かいみょう)

戒を受けて仏門に帰依した者に与えられる法号です。

もとは法名とのみいわれましたが、のち浄土真宗などの無戒の宗が出て、真宗の法名と受戒者の法号とを区別するために戒名と呼ぶようになりました。

「皆さんが生まれた時、お父さんやお母さんが、「どうかこの赤ちゃんが元気でじょうぶに育ってくれますように」「良い人になって世の中の人の為になり、幸せな人生がおくれますように」と祈ってお名前をつけて下さいましたね。

それと同じように亡くなった時には「この人は生きている間にはこんなに良い人でした。ですからどうぞ仏様のお弟子様として立派に成仏(じょうぶつ)出来ますように」とお坊さんがつけてくださるのです。