仏事の用語集

GLOSSARY

念珠 (ねんじゅ)

数珠(じゅず、ずず)のことで、珠数、寿珠などとも書き、穴が貫通した多くの珠に糸の束を通し輪にした法具のことです。

お経や念仏を唱える時に用いる珠との意味から「念珠」(ねんじゅ)と呼ばれます。