仏事の用語集

GLOSSARY

念仏 (ねんぶつ)

仏教の行のひとつで、仏の姿や功徳を思い浮かべたり、その名号を口に出して呼ぶことで仏陀に対する帰敬、礼拝、讃嘆、憶念などの意味です。

日本では、浄土教系の宗派において合掌礼拝時に阿弥陀仏を思い浮かべ、「南無阿弥陀仏」と称えることです。