仏事の用語集

GLOSSARY

忌明け (きあけ)

忌明けとは、忌服(故人の冥福を祈り、喪に服す)期間を終える事をいいます。

この忌服期間は宗教により異なり、仏式の場合は四十九日、神式の場合は五十日が忌明けに相当します。

仏式の場合は、故人の魂が旅立つ日である「四十九日」までを忌中として、この日を忌明けとするのが一般的です。

この四十九日は満中陰とも呼ばれ、満中陰法要・忌明け法要を勤めるのが一般的です。

満中陰法要・忌明け法要は、葬儀でお世話になった僧侶や親族、故人の友人らを招き法事法要をとり行います。

忌明けまでは、結婚式や祝賀会などのお祝いごとに参加するのは慎みます。

お正月を迎えても、鏡餅、門松、しめ縄などの正月飾り、おせち料理でのお祝いや、初詣は控えます。

また、年賀状も出しません。