仏事の用語集

GLOSSARY

忌中 (きちゅう)

親族などの死亡後,故人に哀悼の意を表わし,忌み慎んでいる期間です。

普通は死後49日間をいう。その期間中、玄関に「忌中」と記した紙を張ります。

仏教では 77日,尽7日,満中陰ともいって,7日ごとに追善の供養を行い,特に 49日には仏事を行います。

49日目ないし 50日目になると,忌み明け,中陰明けといって,遺族は、日常的な生活に復帰できます。

「喪中」は、ふつう死後丸一年間をいい、年賀、祝い事などを差し控える。13ヶ月間、または一周忌までの期間を喪中と言って区別しています。

近年では多様化する価値観から忌中や喪中期間であっても、個々人の判断により慶事へ参加することも多くみられます。