仏事の用語集

GLOSSARY

彼岸 (ひがん)

日本では、「春分の日」は、「自然(しぜん)をたたえ、生物をいつくしむ」日、「秋分の日」は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、国民の祝日ですが、「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。

春分の日、秋分の日を中日(ちゅうにち・なかび)として、前後各3日を合わせた各7日間です。

この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。

最初の日が彼岸の入り、最後の日が彼岸明けで、方によっては、(はしりくち)といいます。

浄土思想で信じられている極楽浄土は、西方浄土といわれて、西方の遙か彼方にあるとされています。

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むことから、極楽浄土にもっとも通じやすい日になると考えられ、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりです。