仏事の用語集

GLOSSARY

弔い上げ (とむらいあげ)

法要を営む最終の年忌。

三十三回忌または五十回忌とする所が多い。

これ以後、年忌供養を営まない。

弔い上げとは、法要を営む最終の年忌で、一般的には三十三回忌や五十回忌がこれにあたりますが、十七回忌、百回忌などを節目に弔い上げとすることもあります。

弔い上げをもってそれ以降は、年忌供養を営みません。

一般的には仏壇のご位牌を片づけ、先祖代々の位牌に合祀されます。

神道では、三十三回忌で荒御魂が祖霊となり弔い上げとなります。