仏事の用語集

GLOSSARY

式年祭 (しきねんさい)

決められた期間ごとに行われる祭祀のことです。

神社の祭礼や祖先祭祀において見られる祭祀形態で、最も有名なのは伊勢神宮式年遷宮です。

20年ごとに全ての社殿を建て直し、大規模な祭礼を行います。

諏訪大社の御柱祭も式年祭の一つです。

また皇室の歴代の天皇・皇太后・皇后などを祭る祭祀(さいし)も式年祭です。

崩御の年から,3・5・10・20・30・40・50・100年と以後100年ごとに,その崩御の日に当たる日に,皇霊殿および御陵所で祭祀が、とり行われます。