お墓の用語集

GLOSSARY

建立者 (こんりゅうしゃ)

お建てになった方やその家を代表する者の名前を刻みます。

昔はやはり「親の墓を子供が建てる」という意味で建立者名を次の当主である長男にすることが多かったと聞きますが、実際は誰を刻もうが自由です。

お金を誰が出したのかとかは、全く関係ありません。

ご家族みなさんで、たくさん名前を彫る方も中にはみえます。

一番良いのは、前の方も書かれていますがお寺に相談することです。

建立者名に朱を入れることのおたずねが多いですが、もともと朱を入れていたのは寺院で「生前戒名」を与えられた際に入れられていました。

仏教において「戒名」は、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる名前です。

そして、墓石に戒名を彫る場合に生前受領したと分かるように朱色を入れていました。