仏事の用語集

GLOSSARY

年忌明け (ねんきあけ)

一般に三十三回忌の法要がすむと、故人は完全に成仏したとの考え方があり、それを「年忌明け」といって成仏を祝う最後の法要にします。

(五十回忌の地域も有ります)

これを「弔い上げ(とむらいあげ)」とか「問い切り(といぎり)」「問い上げ(といあげ)」ともいいます。

また、この供養を「お祝い」とよぶ地方もあります。