仏事の用語集

GLOSSARY

宮型霊柩車 (みやがたれいきゅうしゃ)

宮型霊柩車とは、棺を乗せる車の後部が、神社や寺院のような宮殿に似た形になった霊柩車で、棺は後部のドアから出し入れします。

檜を使った白木のものを関西型、漆塗りのものが名古屋型と言います。

近年、、周辺住民への配慮から、外装の目立つ宮型霊柩車の乗り入れを断る火葬場もあり、少なくなっています。