仏事の用語集

GLOSSARY

守り刀 (まもりがたな)

北枕に寝かした遺体の胸元もしくは枕元に刀を置く習慣です。

守り刀は、身を守るためにいつも身につけている護身刀のことです。

武士の死者の枕頭に刀を置いた名残で、遺体の魔除けのためとされています。

刀のほか、小刀、剃刀、はさみが用いられます。

守り刀は、刃先が亡くなった方の顔に向かないように、必ず足元に向くように置きます。