仏事の用語集

GLOSSARY

天台寺門宗 (てんだいじもんしゅう)

大乗仏教の宗派のひとつで、妙法蓮華経を根本経典とします。

高祖は中国南北朝時代から隋の時代の天台大師智顗、宗祖は第5代天台座主の智証大師円珍で弘法大師空海の姪の子です。

日本の天台宗では、第3代天台座主円仁と第5代天台座主円珍の登場により、比叡山延暦寺で2派に分かれてしまいますが、このとき山を去り三井寺へ入った円珍派を寺門派と呼びます。