お墓の用語集

GLOSSARY

墓友 (はかとも)

共同で墓を購入して、死後には同じ墓に入ることを前提として付き合っている交友関係のことで、墓友達の略語です。

近年では宗教団体に加えて企業やNPO法人なども運営に乗り出すようになり、高齢者向け住宅や、老人ホームなどで一緒のお墓に入る仲間を募って、共同墓地を設置するところも増えました。

生前から合同供養などに抵抗の少ない人も増えてきているといいます。

墓友が話題になる背景には離婚、生涯未婚、子供のいない老人であるように、高齢者の一人暮らし(独居の方)が増加傾向にあります

先祖代々の墓を継承する子ども世代が、少子化の影響で減少し、墓を継承する人がいない家庭が増えていることも原因です。

子ども世代に葬儀や墓で負担をかけたくないと考える人なども増え、墓を管理できなくなれば無縁仏になります。

近年、合同供養などに抵抗の少ない人も増えてきています。

高齢者の一人暮らし(独居の方)が、増えていく中で、今後増加していく新しい墓の形だともいえます。