仏事の用語集

GLOSSARY

地蔵菩薩 (じぞうぼさつ)

苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包み込み、救う菩薩です。

日本では、町はずれや辻という町の結界には、地蔵尊が守護神としてまつられているのを多く見かけ、道祖神としての性格を持つと共に、「子供の守り神」として信じられています。

釈迦の入滅後、弥勒菩薩が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまうため、五濁悪世にあって、六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)を輪廻する衆生を教化救済する菩薩であるとされています。

六地蔵像は、六道輪廻の考えからきていて、死ぬと六種の世界へ生まれ変わることから、その都度六人の地蔵菩薩に救ってもらうためと言われています。