お墓の用語集

GLOSSARY

地蔵墓 (じぞうぼ)

地蔵菩薩とは、釈迦が亡くなってから、弥勒菩薩が現れるまでの無仏になる間、すべての生き物を救うといわれている菩薩です。

大地のように広大な慈悲で救済するということから、名前がつきました。

僧侶の形をして、右手に錫杖、左手には宝珠を持っている愛らしい姿で広く知られています。

六地蔵像といって、六つの地蔵が並んでいるところがあるのは、六道輪廻の考えからきています。

死ぬと六種の世界へ生まれ変わることから、その都度六つの地蔵に救ってもらうためと言われています。

幼くして亡くなった子どもや水子を供養するために建立される。

地蔵菩薩は子どもを守るとされているため、建てられるようになったといわれている。

関西地域では子どものお祭りとして、地蔵盆があります。

お地蔵様の背後が船の形をした舟形地蔵や、丸彫り地蔵、姿地蔵などがあります。