お墓の用語集

GLOSSARY

土葬 (どそう)

遺体を直接土中に埋蔵する葬法のことをいい、埋葬ともいいます。

石器時代から死に際して人を土に穴を掘って埋める埋葬があり、古くはネアンデルタール人によるものが知られています。

キリスト教、イスラム教、儒教などの宗教は火葬に対して否定的で、土葬されることも多い。

地上に棺を置き、その上に土を盛り上げる方法と、穴を掘って棺を納める方法とがあります。

今日の日本では火葬が圧倒的に多いく、総務省の発表では国内の99.9%以上の埋葬が火葬となっています。

衛生面からも火葬が好ましいとの意見や、都市部での土葬スペース不足もあり、火葬場が現在の様に整備されたためです。