仏事の用語集

GLOSSARY

団体葬 (だんたいそう)

協会や学校などの団体が主催して運営する葬儀のことをいい、その団体が複数になるときには「合同葬」と言います。

社葬と同じ意味です。団体葬(社葬)は、故人が、会社の創業者、社長、会長や協会や学校に多大な功績があった人の場合や、また、社員、協会職員等が、業務のために殉職したときなどに執り行う葬儀のことをいいます。

お墓にも団体墓があり、その団体に所属する方が入ることのできる共同のお墓です。