仏事の用語集

GLOSSARY

四十九日 (しじゅうくにち)

仏教の場合、亡くなってから七日ごとに法事・法要を行います。

四十九日までの法要を「追善法要」「忌日法要」と言い、その後一年ごとの法要を「年忌法要」と呼びます。

仏教では、死後四十九日間を「中有・中陰」と呼びます。

四十九日目は、別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされます。

僧侶を招き近親者や友人、知人を呼んで法要を行います。

法要は、故人が設けてくれた人と人とのご縁を再確認し、故人への感謝の気持ちと、自分自身を見つめ直す場でもあります。

四十九日や一周忌は、お墓へ納骨する目安として選ばれやすい時期の一つで、この時期に合わせてお墓を検討する方も多いです。