仏事の用語集

GLOSSARY

告別式 (こくべつしき)

葬儀の後、あるいは葬儀の代わりに行われる式で、喪主や親族が、故人に別れを告げ、参列者いただいた方へ挨拶をする式。

葬儀は僧侶が主導となり、告別式は喪主が主導し執り行う別れの時間です。

故人に最後の別れを告げると同時に、参列下さった方への挨拶や、弔電の披露、告辞などを行います。

現在では、時間的に弔問がしやすいお通夜に葬儀よりも多くの会葬者が見えることが多くなりました。

事実上、お通夜が告別の時間になっています。