仏事の用語集

GLOSSARY

含み綿 (ふくみわた)

口腔と歯列との間に含ませる綿です。

清拭や死後処置の際に、故人の頬が落ち込んでしまっていた場合に頬に綿を入れ、遺体を整え、生前の故人の姿に近い状態でお別れができるようにします。