お墓の用語集

GLOSSARY

合葬墓 (がっそうぼ)

昔から、故人の遺骨は墓地に埋め、親族が定期的にお参りをし、供養をするというスタイルが一般的でした。

お墓も立派なものを作成し、墓地に永久に入れてもらうという形が常識とされてきました。

しかし、生活スタイルの変化と少子化問題の影響により、お墓の扱い方やお葬式のスタイルなどが少しずつ多様化してきています。

合葬墓は、家族単位ではなく、広く共同に利用する墓のことです。

骨壷(箱)単位で収納するところと、骨壷(箱)から開けて、故人を特定できない形で収納するケースとがあります。

「永代供養墓」は仏教的表現ということで公営や民営では「合葬墓」と言います。